衣替えの際のクリーニング活用について


夏や冬など季節の移り変わり時は、クリーニング店にとって繁忙期となりますが
この衣替えの時期のクリーニング店の利用にはコツや注意点があります。

衣替えの注意点とは

  • 湿気には注意を

衣替えをした後の服は、その後しばらく人目に触れないことになるため、湿気の状態には注意しましょう。
つまり、衣替えを決行するタイミングは、可能な限り湿度の低い時に行うべきなのです。
よく晴れている昼の時間を選んで衣替えをしましょう。

  • 防虫剤の使い方もしっかりと

防虫剤の使い方も重要であり、置く場所は服の一番上、真ん中となります。
防虫剤の成分が高いところから降り注ぐようになっているため、効果を高める置き方が重要です。
クリーニング店側のサービスでは防虫加工を行っていることもあり
これを利用すると生地そのものが虫よけとなるので、効果は高いのです。

クリーニング店の利用法について

衣替えをする際には、ポケット内に物が入っているかどうかを確認しましょう。
ライターや名刺などはよくある物ですが、
生活の中の癖で何かしら入っていることは多いので注意しましょう。

破れていたり、ほつれている部分がある場合にも注意が必要で
クリーニング店から戻ってきた後のトラブルにも繋がります。

ウール100%などの洗濯が難しい服や、
高級素材が使われている衣類は自宅での洗濯で質が低下してしまうので、
クリーニング店にまかせてしまいましょう。

また白い色の衣類は、着ていなかったとしてもシミになりやすいので
クリーニングする価値が高いといえます。