ドライクリーニング仕上げの方法と手順


クリーニング店では品物に応じて適した洗い方を行っています。

例えば衣類に付いているタグをよく確認してみると
取扱方法として色々なマークが記載されているのがわかります。

この中に丸の中にドライと記載されているマークが存在している場合は
ドライクリーニングで洗濯ができる事を示しています。

一般的には水洗いすると縮む可能性が高いシルクやウール、レーヨン等で構成されている生地が該当します。

ドライマークが記載されている品物はドライ仕上げ

ドライ仕上げは石油系溶剤や揮発性有機溶剤を使用して洗浄します。

油汚れに強い溶剤のため、汚れ落ちがとても良い特徴があります。
溶剤だけを使用して洗浄するのではなく、
専用の洗剤を使用して強力な洗浄力を発揮させます。

ソープの濃度を一定に保たなければ
一定の洗浄力が得られないため管理が非常に難しいと言われています。

自分ではやっぱり洗濯に失敗する事も

最近は自宅でもドライマークが付いている衣類を
家庭用の洗濯機で洗える洗剤や洗濯機が登場しており、活用している方も多いです。

クリーニング店へ汚れる度に出すよりも安上がりになるため重宝されていますが、
うまく洗濯できずに失敗する事例も多いです。

例えばシルクのネクタイを洗濯機のドライコースで、
きちんとドライ用の洗剤を使ったつもりなのに、
仕上がったネクタイはボロボロになって使えない状態になってしたとのケースが少なくありません。

ボロボロにはならなくても、色合いが悪くなって二度と使えない状態になる可能性もあります。
ドライマークが付いている思い出の品や高価な物を自分で洗う場合は、
ひょっとしたら失敗するかもしれないと事前に考えていた方が無難です。

クリーニング店では細心の注意を払いお手入れしています

プロとして絶対に失敗は許されないため、
慎重に取扱ながら大切な品をキレイな状態でお返しできるようにしています。

ドライ仕上げは家庭では再現できないプロの技として定着しています。