ブーツ・靴を自分で洗うのは危険?


自分で洗う事の難しいブーツ・靴

ファッションアイテムとして欠かせないブーツは
しっかりお手入れをしておかなければ嫌な臭いを放つようになりますよね。

ようやく自分の足に馴染んできた頃なのに、臭いに悩まされていては本当にもったいない話です。
ブーツには通常の靴よりも臭いを発生させやすい理由があります。
ブーツ一覧

靴を履くとムレを感じるのは、足の裏が汗をかきやすいから

全身の中でも足の裏は一番汗をかきやすい部分で、
一日にコップ一杯ほどの汗をかいていると言われています。
ブーツを履いていると汗を大量にかいても水分が逃げる隙間がほとんどなくてサウナ状態になります。

体温で適温が維持されているため、
臭いを放つ原因の細菌が大量に発生するのが不快な臭いの素になっています。
ムレて細菌が大量に発生している状態のブーツをそのまま放置していると臭いが染み付くため
もっと強烈な臭いを放つ可能性が高くなります。

一度染み付いた臭いは消臭剤を使用してもなかなか取れませんが、
クリーニングに出すと嫌な臭いもスッキリ落とせます。

クリーニングは汚れも綺麗に

ブーツをクリーニングに出すと臭いが取れるだけでなく、汚れもキレイに落とせます。

シーズンオフにクリーニングに出しておけば、
次のシーズンが訪れるまで大切に保管できるメリットもあります。

汚れを残したまま保管しているとカビが発生する可能性もあるため、
きちんと汚れを落とした状態にしておきたいものです。

お手入れ方法はブーツの種類により異なる

ブーツは牛革やスエード、ムートン、ラバー、エナメル等
様々な素材が採用されていますが、それぞれお手入れの仕方が異なります。

本来なら日常的に正しいお手入れを実践していると長く愛用できますが、
実際には忙しくて正しいお手入れをしている暇がない方も多いです。
できるだけ毎日汚れを取り除くようにして、汗をしっかり乾かすように心がけてください。

毎日同じブーツを履き続けるのではなく、ローテンションで入れ替えすると尚良いです。
季節ごとにクリーニングに出してプロのお手入れをいてもらっていれば、
また次のシーズンも快適に使用できます。