カーテンのクリーニングについて


毎日使用しているのにお手入れを怠りがちになるのがカーテンです。

AS173_L

毎日開け閉めしているカーテンには手垢が付着しやすく、目に見えないような汚れも存在しています。

  • ※喫煙者がいるお宅の場合

ヤニがこびりついて元々の色がわからないくらいに変化している可能性もあります。
室内の嫌な臭いがこびりついていると感じられるのはカーテンに臭いが残っている可能性が高いです。
特にお手入れをしないままでは大量にホコリが付着して、ダニやカビが発生している場合もあります。

アレルギーによる鼻炎や喘息の症状を引き起こしている方は、
カーテンをこまめにお手入れしていない事が原因になっているかもしれません。

カーテンは年に1回はしっかり洗ってお手入れしましょう

かなり大きなサイズになりますが、家庭用の洗濯機で1枚ずつ洗濯する事もできます。
自宅で洗濯をすると家計にも優しいと考えられますが、失敗する場合もあるため注意が必要です。

よくありがちな失敗例として

  • 縮んでしまって洗濯前のサイズよりもかなり小さくなってしまった
  • キレイなドレープがヨレヨレになってしまった
  • 生地が傷んで破れてしまった
  • 色あせてみすぼらしくなった

等のトラブルが考えられます。
きちんと洗濯表示を確認して指示通りに洗ったのに、トラブルが発生する可能性もあります。

リスクも考えるとクリーニングがおすすめ

自宅でカーテンを洗うと失敗する場合が多いため、
失敗するリスクを考えると最初からプロにクリーニングをしてもらった方が確実に安心できます。

プロがクリーニングを実施すると、
しっかり汚れを落として生地を痛めずに新品のような風合いに仕上げてくれます。
せっかく気に入って購入したカーテンだからこそ、いつまでも大事に使いたいと思うものです。

クリーニングに出す際には、必ずカーテンに付いているフックを取り外しておきましょう。
カーテンに縫い付けるようにフックが付いている場合は、
わざわざ取り外すのも大変なためクリーニング店に問い合わせをして対応を聞いてください。