汚れやすいファー素材はクリーニングがおすすめ


ファー素材の選択は非常に難しい

とてもゴージャスな雰囲気があるファー素材の衣類はお手入れが非常に難しいものです。

コーディネイト Coordination

ホコリが付着しやすく、汚れてしまった時に目立ちやすい面もあるため、
正しいお手入れを行なう必要があります。

自己流でお手入れしようとして家庭用の洗濯機で洗ってしまい、大失敗するケースも珍しくありません。

せっかくの風合いを台無しにしては本当にもったいない話です。

いつまでも新品のような風合いを維持するためにも、正しいお手入れを行なうようにしてください。

ファーの日常的なお手入れ

ファーの日常的なお手入れは、基本的にハンガーにかけて軽く叩けばホコリは落とせます。
毛並みが悪くなると風合いが損なわれるため、ブラッシングをして毛並みを整えると良いです。

どうしても家庭で洗濯したいほど汚れが目立つ場合は
シャンプーを薄めた洗浄液で拭きとってから、リンスを薄めた洗浄液で更に拭き取り、
陰干しで乾燥後にブラッシングをする方法があります。

わざわざ道具を揃えなくても自宅にあるもので気軽に洗える方法ですが、
失敗する可能性が高いため注意が必要です。
失敗するとふんわりとした毛の風合いが損なわれて、潰れた状態になる可能性があります。

本来の高級感を損なわないためにも、
できるだけプロのクリーニング店で本格的なお手入れをしてもらうようにしてください。

ファーのクリーニング方法について

一般的にクリーニング店ではパウダークリーニングと呼ばれる方法が採用されています。

洗剤が含まれている専用のパウダーを使用してファーを洗浄するもので、
パウダーが汚れを吸着する仕組みになっています。
風合いを損なわずに効率良く汚れを落とせる方法として実施されています。

家庭では再現が難しい方法になるため、クリーニング店でしか実施できません。

ファーのクリーニング料金は一般的な衣類と比べると高めに設定されているため、
できれば自宅で洗いたいと希望する方が多いですが、
失敗して後悔する方がとても多いため
最初からクリーニング店に依頼した方が間違いなく満足できる結果を得られます。