着物はクリーニングして大事に扱ってください


着物は絶対に自分で洗濯しないでください

自分では洗濯するのがほぼ不可能な着物は、
最新の注意をはらっていても汚れが付着して困る場合が多いです。

ファンデーションが襟口に付着して汚れが目立つ場合や、
大切に保管していたつもりなのにカビが発生する可能性もあります。

着物はとてもデリケートな生地でお手入れが非常に難しく、
プロのクリーニング店に依頼するのが一般的です。

着物の女性

着物のお手入れについて

着物のお手入れは、汗をかかずに汚れも一切付着していない場合なら

基本的に1日くらい陰干ししていれば問題ありません。

実際には汗をかいて汚れが付着しやすいため、正しいお手入れをしてから保管する必要があります。
昔は、着物の縫い口を全てほどき、木の枠に張った状態で丁寧に洗う
「解き洗い張り」と呼ばれる方法でお手入れをするのが一般的でした。

頑固な汚れも落ちやすい特徴がありましたが、
ほどかれた着物をまた仕立てる必要があり、手間暇がかかる方法になります。

部分的な汚れなら自分でお手入れしようとする方もいますが、
余計に汚れが広がり、デリケートな生地を痛める原因になるため避けた方が良いです。

大切な着物を長く愛用するためにも、
正しい方法でキレイに洗ってくれるクリーニング店の方が安心できます。

店舗によって着物のお手入れ方法が異なる場合があります

できるだけ手間をかけて丁寧にお手入れを行なう場合や、
着物専用の業務用洗濯機で洗う場合もあります。

一般的に着物は正絹生地で作られているため、水洗いをすると縮みやすいと考えられていますが、
特殊な方法でクリーニングすると生地を一切痛めずにキレイに仕上げてくれる店舗も存在しています。

着物をクリーニングすると気になるシミ汚れがきれいに落とせるだけでなく、
時代の流れでくすんでしまった色合いを鮮やかにする事も可能です。

例えば祖母の代から受け継いできた大切な振り袖の保管状態があまり良くなかったため、
色合いが悪くなった着物もクリーニングに出したおかげで
新品のような素晴らしい仕上がりになるものです。