レザー・革のクリーニングは高度な技術


靴やかばん、ジャケット等様々な製品の素材として
レザーや革が使用されている場合は、素材に合った正しいお手入れを行なう必要があります。

poro-300x207

素人がお手入れするのは難しいとされているのがレザーや革製品

日常的なお手入れとして乾拭きやブラッシングを行っていると
良い状態で保管しやすいものですが毎回使う度にお手入れをしている方は少ないでしょう。
あまりにもお手入れを怠っているとシミが目立ってきたり、カビが生えたりします。

特に注意したいのがカビで、素材の特性上
どうしてもカビが発生しやすい条件が整いやすいため注意しなければいけません。

家庭で洗うと失敗することも

家庭ではそう簡単に元通りの状態にまでキレイにするのは難しく、
失敗すると逆効果になる場合もあるため注意してください。
しっかりお手入れをしていたつもりでもレザーや革製品に付着した汚れやシミを落とすためには、
クリーニング店の専門的な技術が必要になります。

クリーニング店では素材の種類や汚れの質を見極めながら適切な処理を施すため、
一つ一つの製品によって異なるケアが実施されます。

場合によっては日焼けによる変色が発生している製品については修正を実施している場合もあります。
新品と変わらないような高級感のある外観と質感が蘇り、また長く愛用できる製品に仕上がってきます。

職人の技術が必要とされます

レザーや革製品のクリーニングについては高度な知識と技術力が必要になるため、
職人の腕によって仕上がりが異なると考えられます。
一般の衣類とは異なる性質があるため、通常よりも料金が高めに設定されています。

必要に応じて撥水加工を施す場合は別料金が加算されます。
クリーニング料金としては高めに感じられますが、革製品は使い込むほど愛着が湧いてくるため、
メンテナンス料として考えると決して高額ではないと考える事もできます。

理想的な仕上がりを実現するためにも、
レザーや革製品のクリーニングを得意としている店舗に依頼して
満足のできる仕上がりを実現してもらいましょう。