和服のクリーニング承っております


和服の取り扱い・保管方法について

現在は洋服を着て過ごしている方が一般的ですが、ここぞという時には和服を着る方も多いです。Beautiful japanese kimono woman isolated on white background

久しぶりに和服を着てみようかとタンスから出してみると、
大切に保管していたつもりなのに汚れが目立っている場合があります。
きちんと保管していたつもりでもカビや虫食いが発生している場合があります。

特に注意しなければいけないのがカビ

タンスの中にしまったままでは湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい状態になります。

昔は桐のタンスに丁寧に保管しておき、
定期的に風通しを良くしたり虫干しをしたりしていましたが、
最近はきちんと保管できずにしまい込んだままになっている場合が多いです。

元々はとても鮮やかだった色合いだったはずの和服も、
くすんで色褪せた状態になっている場合もあるため、日頃から注意して保管したいものです。

汚れてしまった和服を洗おうと思っても、自宅では簡単に洗浄できません。

何の素材で作られた和服なのかによってお手入れ方法が異なりますが、
自己流で洗濯すると縮みが生じたり、色褪せがひどくなったりします。

デリケートな素材で構成されている和服を自宅で洗うのはかなり難しいため、
クリーニング店で丁寧に洗ってもらった方が確実に良い仕上がりになります。

和服のクリーニングについて

どのような工程でクリーニングされるのかは店舗によって異なります。

記事の素材の確認

まずは生地の素材を確認しなければクリーニングは失敗しますので確認します。

汚れの種類・位置の確認

どんな汚れが付着しているのかによって最適な処理方法が施されます。
汚れが目立ちやすい袖口や襟口を念入りにチェックし、
食べこぼしやカビ等の汚れがどの部分に付着しているのかをしっかり確認します。

水性か油性かの確認を行う

水性か油性の汚れによってシミ抜きの方法が異なり、
場合によっては生地を痛める可能性があるため慎重に作業を行います。

通常の衣類よりもかなり手間がかかるため、
クリーニング料金も高めに設定されていますが、
一つ一つの作業内容を確認してみると価格設定が納得できるほど手間がかかっています。

和服の場合はクリーニング技術の高さがよくわかるため
熟練の技を持っている職人が在籍しているクリーニング店を選びたいものです。